>

スプレッドについて

スプレッドとは

FX取引で使用されるスプレッドというワードと意味をご存じでしょうか。
スプレッドはFX取引では必ず使用をする言葉になりますのでFX取引を始める前には必ず理解をしておくようにしましょう。

スプレッドとはコストのことをいいます。
1回の取引のコストをスプレッドとFXでは表現します。
またコストが安い場合にはスプレッドが狭い、コストが高い場合にはスプレッドが広いといったようにスプレッドは狭い、広いで表現がされることも特徴になります。
ではスプレッドとは具体的にどのようなことを指すのでしょうか。
次にスプレッドの具体的な内容についてご説明します。
例えば日本円をドルに通貨交換をする際に差額が生じてしまいます。
差額が生じてしまう理由としてはレートが異なるためです。
この差額のことをスプレッドと呼びます。

スプレッドの通貨

ではFX取引で使用されるスプレッドの通貨について解説します。
スプレッドでは日本円のことを円とは呼ばず、米ドルやポンド、韓国ウォンも呼び方が変わります。
ではどのような呼び方になるのかをお伝えします。

まず日本円は円ではなく銭といった呼び方をします。
次に米ドルやポンド、韓国ウォンなどといったような日本円以外の外貨の単位をピップスと呼びます。
このようにスプレッドで使用されます単位は銭、ピップスとなります。

次にスプレッドは通貨の組み合わせによって異なってくるということを理解しておくようにしましょう。
円とドル、円とポンドといったように通貨の組み合わせによってスプレッドは異なってきますので注意をするようにしましょう。


この記事をシェアする